ホーム > 歴史

歴史

大正14年(1925)、前身である天理外国語学校が開校した年の6月に創部。二代真柱は、創部間もなくオールブラックのユニフォーム、パンツ、ストッキングを15組、シルコックのボール1ダースを寄贈するとともに、大阪高等学校の現役陣をコーチに招いた。揺籃期を経て、昭和4年~19年の台頭期に、日本ラグビー協会主催の全国高専ラグビー大会大阪奈良地区予選に8度優勝し、本大会に駒を進めている。

戦後、ラグビー部が復活したのは昭和21年(1946)であったが、昭和24年の学制改革による新制大学への移行がスムーズにいかず、苦難な時代を送る。 昭和30年、大学に体育学部が設置され、優秀な人材が入部し、発展の原動力となった。昭和34年、37年には、全国地区対抗大学選手権大会の近畿地区代表 となり、さらに38年には、前年に組織された関西大学ラグビーリーグのAリーグに参加することになった。昭和40年より全国大学選手権大会が開催され、8 校(現在は16校)によって覇権が争われた。部の目標は、関西Aリーグ優勝及び全国制覇におかれた。昭和45年には、創部以来の念願であった常勝同志社大 学を倒し、関西Aリーグにおいて全勝で初優勝(写真)。その後、昭和48年、49年と関西リーグ優勝を飾る。また49年、ニュージーランドのカンタベリー 大学と国際親善試合を行い、14対38で敗れはしたが、大きな収穫があった。

昭和50年、全勝で関西Aリーグ3年連続4度目の優勝を果たしたが、全国大学選手権大会では1回戦で慶應大学に惜敗、その後、昭和59年度には関西リーグ2位ながらフォワードとバックスのバランスが良く、大学選手権1回戦で専修大学と対戦、12対7の接戦で初戦突破、天理ラガーが初めて国立競技場の土を踏むこととなった。 しかし、昭和60年、関西Aリーグ3位を境に、チームは年毎に下降線を辿り、平成3年ついにBリーグへ、さらに翌4年にはCリーグへ転落した。

翌5年にはBリーグに復帰するも、長年Aリーグの壁に阻まれ続けていたが、ついに平成13年12月、関西大学リーグ入れ替え戦にてAリーグ7位の摂南大学を22対12で破り、念願であったAリーグ復帰が決定した。

平成14年、大学重点強化クラブの指定を受け、翌平成15年にはラグビー寮が開設された。これにより部員数も増えチーム力も徐々に向上していった。


平成17年、創部80周年の年に韓国キョンヒ大学を迎え国際親善試合を挙行。また同年、21年ぶりに大学選手権出場を果たした。平成20年には白川地区に人工芝グラウンドが完成し、環境面においても充実が図られた。


平成22年、関西大学Aリーグにおいて実に35年ぶりの優勝を成し遂げた。


翌平成23年、関西大学Aリーグを圧倒的な強さで連覇すると、その後に行われた全国大学選手権においても強さを発揮し、法政大学、慶応大学という関東強豪校に勝利、平成24年1月2日、念願であった国立競技場の舞台へ再び立つことが叶った。準決勝でもチームの勢いは止まらず関東学院大学に勝利。創部初となる決勝戦進出を果たすこととなる。決勝では3連覇を狙う帝京大学と対戦。最後まで諦めずに戦い、後半38分同点に追いつくものの、終了間際に痛恨のペナルティーゴールを決められ12対15で敗れ準優勝に終わった。しかし長年の東高西低や体格勝負の大学ラグビー界に新風を吹き込んだという意味において大変価値のある準優勝であった。


平成24年9月からは新寮に移り、全部員が合同生活をすることで更なる強化を計り、関西大学Aリーグ二度目の3連覇を達成。チームスローガンである「一手一つ」の下、チーム目標の「日本一」を目指して日々活動している。 


 

ホーム > 歴史

このページの先頭に戻る